多くのハチがいる

案内するビジネスウーマン

日本にはいろんな種類のハチがいます。その中でも身近なものは、ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチぐらいでしょう。そしてこれらが、ハチによる刺傷被害件数の大半を占めているでしょう。最近、ハチに刺される人が多くなっています。とくにスズメバチです。なかでもキイロスズメバチによる被害が、多く報告されているのです。キイロスズメバチは人家の軒下に巣を作ることが多いので、どうしても人と接触してしまうのです。ハチに気付かず刺されることもありますし、自分で駆除しようとして刺されることもあります。とくに刺されると命にかかわることがありますので、注意しないといけないでしょう。今後、自然の減少とともに、ハチと接触しやすい環境になります。ですから、ハチの駆除は専門の業者に頼むべきでしょう。

最近、ハチ駆除の専門業者は増えています。そのくらい専門業者の需要があるということです。いいかえると、プロの業者がいないと大変危険な仕事なのです。よく自分でハチ駆除をしようとする人がいます。それにより刺されることもありますし、場合によっては周りにいる人まで刺されることもあり、大変危険なのです。刺されるとアナフィラキシーショックによりアレルギー反応を起こすことがあります。重症化した場合には死に至る可能性があるのです。キイロスズメバチはよく家の周りに巣をつくりますが、体が小柄なため、それをアシナガバチの巣だと勘違いする人がいます。キイロスズメバチは、アシナガバチのようにおとなしくないので、近寄っただけで襲われることがあります。ハチの巣を見つけたら、自分で判断せずに、すぐに専門業者を呼びましょう。